ヘッドホンを使って音楽を聴いているときにノイズが乗る理由は?

ヘッドホンや再生機器のケーブルの断線

ヘッドホンを使って音楽を聴いているとき、断続的なノイズが入ることがあります。原因としては以下のようなことが考えられます。

まず、ヘッドホンのコードのどこかが断線しているというケースです。たとえば、いつもオーディオ機器のヘッドホン端子から引っこ抜くようにケーブルを抜いてる、あるいはケーブルを何度も踏んづけたことがあるといった風に、ケーブルに大きな負荷をかけると中の線が断続的に切れてしまい、線がつながったり離れたりするタイミングでノイズが入ってしまうというわけです。同じような原因として、オーディオ機器のプラグコードが断線している可能性も考えられます。

ケーブルの断線がノイズの原因なのか確認する方法は、音楽を聴いている最中にケーブルを持って上下左右に振ってみることです。振るタイミングに合わせてノイズが乗ったり、音が聞こえなくなったらまず間違いないといえるでしょう。

電波を発する機器と再生機器が干渉している可能性

パソコンに接続しているオーディオインターフェイスを通して音楽を再生し、それをヘッドホンで聴くときにノイズが乗る場合は、もしかしたら機器と無線LANの親機が干渉しているのかもしれません。パソコンのイヤホンジャックに直接ヘッドホンを差し込んで聴いたときはまったくノイズが乗らないというのであれば、疑いはかなり濃厚といえるでしょう。

基本的に無線LANの電波はほかの機器と干渉しないようになっていますが、高周波を発する一部の機器との組み合わせだと相性問題が発生し、動作に影響を与えることがあります。

オーディオの買取は査定から入る事が基本になりますが、査定で高い価格を提示される事が多いです。オーディオマニアには高く売れます。