ピアノを買うなら知っておきたいポイントとは

スタンドとグランドの大きさの違い

一言でピアノといっても、様々な種類とメーカーがあります。メーカーによって、価格帯も大きく異なるので注意が必要です。

ピアノを習い始めの子供に買ってあげるとしたら、比較的安いメーカーでも問題ないでしょう。メーカーにかかわらず、ピアノは大きく分けて二つのタイプに分かれます。スタンドタイプとグランドタイプです。スタンドタイプは別名アップライトと呼ばれるピアノで、比較的狭い場所でも設置できます。グランドピアノはアップライトに比べてサイズが大きいのが特徴です。蓋をあけると、中の弦を見ることができます。主に、ピアノ教室や体育館などで使われることが多いタイプです。

種類によって大きさが異なるので、自宅のどの場所にピアノを置くのかよく考えてからタイプを選びましょう。

買わなくても練習できる方法がある

スタンウェイなどピアノには有名なメーカーが沢山あります。国内外の演奏ホールに置かれているのは、様々な有名メーカーの高価なグランドピアノが多いです。

しかし、一般家庭で練習用に使うのは高価で大きいグランドピアノだけではありません。確かに、音楽大学へ進学したり仕事で使う人はグランドピアノを好んで使います。しかし、そうした家庭で使うグランドピアノは演奏用のホールに置いてあるピアノより小さめのサイズです。小さい分、音はコンパクトになりますが練習するには十分な品質があります。

ホールに置いてあるようなピアノで練習したいなら、一時的にレンタルを利用するのがおすすめです。自宅にレンタルしたピアノを持ってくることもできます。自宅に広いスペースがなくても心配いりません。音楽教室や学校などでは、防音室に置いてあるピアノを借りて時間単位で演奏することができます。

スタインウェイは世界的に使用されているピアノで、日本では小中学校の音楽室でも導入されていることが多いピアノです。