スキーツアーに行く場合どのような交通手段で行くか

パスのスキーツアーは人気がある

スキーツアーと言っても、様々なタイプがありますが、旅行会社のパンフレットなどを見ると多くはバスでツアーを組んでいます。わざわざ旅行会社がバスでスキーツアーを組む理由はいくつかありますが、そのうちの1つは料金が安いことです。
スキーツアーの客層を考えると、多くの人が10代後半から20代前半になります。しかも学生が多く、リッチに移動できるほどお金を持っていないことが多いです。そんな中でスキーツアーを組むのであれば、旅費が安くなるバスで組んだ方が多くの参加者を見込むことができます。バスは、飛行機や新幹線などに比べると、スピードが遅い分、半額以下の料金で往復することが可能です。スピードが遅いことは難点ですが、学生は友達と行動することが多いため、多少バスに乗っている時間が多かったとしてもそれほど気にならないでしょう。

新幹線を利用したスキーツアーの魅力

スキーツアーの多くはバスですが、1部では新幹線のツアーも選ぶことができます。新幹線のスキーツアーの魅力は、時間が正確のことです。よほどのことがない限り、時間通り駅に到着するのが魅力です。時間通りに駅に到着することができれば、その後の予定も狂うことがなくなるでしょう。
また、快適に現地まで到着することができます。例えば座席の幅であればバスよりも新幹線の方が5センチぐらい長いです。また、振動等は少なく眠りやすいのも特徴です。そのため、快適に現地まで到着することができますね。さらに、振動が少ないのも特徴です。

スキーツアーでは、往復の交通費やリフト券などがセットになっており、個人で行くよりも大変お得な料金設定になっている点が魅力です。